アイキャッチ画像: デスクの上でパソコンを使用している

今回は Drupal で作られた海外事例集ページを集めてみたのでここにご紹介できればと思います。

Drupal の技術は主にサーバ側、裏か表でいうと裏側寄りの技術なので、ふだんウェブ技術に携わっていない方が「 Drupal っていいよ」と言われても、なかなかそのよさはわかりづらいところがあるのではないかと思います。

Drupal とはどういうツールなのか、 CMS の中でも特にどういう使われ方をしているものなのか。「 What is Drupal 」を端的に知るうえで事例サイトはとても便利なので、ぜひとも参考にしていただければと思います。

数ある海外の事例集ページ・記事の中から比較的新しいもの、特によいと思うものをピックアップしてみました。

更新あり系

まずは継続的に更新があるページから。

こちらは Drupal 作者 Dries さんのブログの Drupal Sites カテゴリです。

Drupal sites | Dries Buytaert

こちらはデザインにすぐれたサイトが集められたサイトの Drupal カテゴリです。

Best Drupal Websites | Web Design Inspiration

更新なし系

つづいて、ワンショットで書かれた Drupal 事例集の記事です。比較的新しい事例の載ったものに絞っています。

Drupal Sites | Druco blog

21 Great Examples of Drupal Websites | lyemium

10 superb examples of Drupal websites | Creative Bloq

20 best drupal sites of 2012 | FlashMint Blog

15 Drupal CMS-powered websites - TechRepublic

・・・以上です。

いかがだったでしょうか?

海外では特に大学サイトやメディアサイトなど規模の大きなサイトでの事例が多いのが特徴的です。このあたりは海外の Drupal 業界が先行しているところかなと思います。

また、少し蛇足ではありますが、事例を見ていただく際のポイントについて。 Drupal 事例を見るうえでは、ページの見た目などの「デザイン面」よりもサイトとしての「機能面」により注目して見ていただくとよろしいかと思います。複雑なサイト構成なのに一覧ページが自動生成されている(らしい)、 SNS のようにさまざまなタイプのユーザがいる、コンテンツのタイプがたくさんある、など機能面のポイントを見られるとよろしいかと思います。Drupal はどちらかというとサーバ側の技術なので、デザイン面よりも機能面においてこそ「 Drupal ならでは」なところを見つけることができます。あとは、テレビ局のサイトやメディア系、公共機関のサイトなど本当にさまざまなタイプのサイトが Drupal を採用しているところに着目していただければと思います。