アイキャッチ画像: デスクの上でパソコンを使用している

本日は Drupal の便利なコントリビュートモジュール「 Module Filter 」をご紹介したいと思います。

Drupal の開発スタイルはホームページの要件にあわせて「コントリビュートモジュール」と「カスタムモジュール」を組み合わせていく形が基本となりますが、サイトが高機能になればなるほど使用するモジュールの数もどんどん増えていきます。 使用モジュールが増えると、その分管理画面のモジュールページも大きく膨らんでいってしまいます。

Drupal モジュール管理画面

Drupal モジュール管理画面

Module Filter はそんなモジュール管理用のモジュールで、モジュールの数が増えてきた Drupal サイトで特に力を発揮してくれます。

以下、まずは「 Module Filter モジュールとは何なのかという概要の説明」、つづいて「具体的な使用方法」について見てみます。

Module Filter とは

Module Filter モジュールは、モジュール管理ページ改善のためのモジュールです。

管理画面のモジュール一覧ページにフィルタと検索機能を追加し、モジュール一覧ページの使い勝手を向上してくれます。

Drupal Module Filter の公式ページ

ちなみに Drupal.org 上でのモジュール名は module_filter です。 ですので、 Drush でのインストール、ダウンロードは次のコマンドで。

$ drush dl module_filter  # これでモジュールファイル一式をダウンロード
$ drush en module_filter  # これで Drupal にインストール

Module Filter の使い方

まずはインストール

Drupal のコントリビュートモジュール全般に共通して言えることですが、 Module Filter も例にもれず、モジュールを使うためにはまずはダウンロード、インストールしなくてはなりません。

モジュールのダウンロードにはいくつかの方法がありますが、慣れてしまえば素早く確実なのが上でご紹介した drush コマンドを使う方法。 もしくはブラウザメインの方法が最も一般的かと思います。

ブラウザメインの方法は、まずは zip を Drupal.org の Module Filter のページからダウンロードしてきてマシン上で展開(解凍)し、 Drupal プロジェクト以下の sites/all/modules ディレクトリの下にディレクトリごとまるごと移動させます。

つづいてその Drupal プロジェクトのホームページをブラウザソフト( Chrome や Firefox など)から開き、管理者としてログインし、パス /admin/modules に移動します。 このページの中に Module Filter という部分があるのでこちらにチェックを入れて「設定を保存」をクリックすればインストール完了!となります。

Module Filter の横のチェックボックスをオン

設定を保存をクリック

このあたりのモジュールのインストール方法についての全般的なお話については別の記事にも書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。

Drupal のモジュールのインストール方法

Module Filter の管理画面

Module Filter そのものの設定を変更するための管理画面は存在しません。

Module Filter をインストールすれば、直後からモジュール一覧の画面がガラッと変わるのでそのあたりは一目瞭然かと思います。

Module Filter を入れた後のモジュール一覧ページ

使い方

基本的な使い方は Drupal デフォルトのモジュール管理ページと変わりません。 機能はそのままにインタフェースだけが改善されているので、使い方は「通常のモジュール管理と同じ」と考えて問題ないかと思います。

主な特徴は次のとおりです。

  1. モジュールを分類するメニューの追加
  2. 素早い検索ができる検索窓の追加
  3. 「設定を保存」ボタンの常時表示
  4. モジュールの切り替え用
  5. モジュールの権限や設定のボタンのスタイルが変更

Module Filter モジュールの主な特徴

あとは、 Drupal にある程度なじみのある方であれば、実際に入れて使ってみていただければ感覚はすぐにわかるかと思います。

これにて Module Filter モジュールのご紹介は以上です。

いかがだったでしょうか?

このモジュールは、「モジュール管理ページのインタフェースを変える」というとてもシンプルなモジュールですが、シンプルでありながら、日々の管理の手間(管理者 UX )を著しく高めてくれます。 こういうモジュールを使うと、日々使うツールのフロントエンド、ユーザ・インタフェースがいかに大切かということを改めて感じます。

モジュールが増えてきてモジュール管理が大変になってきた Drupal サイトをお使いの方はぜひ導入を検討してみてください。