株式会社GEMSEKI

創薬シーズマッチングサイト

概要

株式会社GEMSEKI様は、創薬シーズの有効活用をお手伝いするプラットフォーム企業として設立された企業です。眠っている創薬資産を他社に導出したい企業と、それを引き継いで開発したい企業との橋渡しを行うことで、良い薬が無駄なく速やかに社会に供給されるような仕組みをご提供されています。

今回弊社に構築をご依頼いただいたWebサイトでは、株式会社GEMSEKI様の企業情報をはじめとしたいわゆる企業サイトとしてのコンテンツだけでなく、「創薬シーズ」をデータベース化し、さまざまな検索条件で検索可能な「創薬のポータルサイト」としての機能も実装させていただきました。

目的

今回のプロジェクトの主な目的は次のとおりです。

  • 企業サイトとしてのコンテンツ提供
  • 創薬シーズの情報の投稿及び検索を行える機能の実現
  • 多言語切替機能の実装(日本語/英語)
  • 利用者を惹きつけるサイトデザインの実現

機能

創薬流通市場「薬市楽座」フィルター検索

期間指定及びキーワードにより「創薬シーズ」の検索が行える機能を実装いたしました。
当機能はDrupal標準のViewsの設定のみで行うことが可能です。

また、各創薬シーズごとにウェブフォームへ促すボタンを設置しています。
創薬シーズよりウェブフォームを表示した場合、お問い合わせ内容に自動で候補物質名が入力されるよう対応いたしました。
当機能は弊社が得意とするテーマ開発やカスタムモジュールを作成し実装を行いました。

お問い合わせ管理

お問い合わせ内容を管理画面上で管理し、CSVにて出力できるように設計いたしました。
当機能はDrupalのコントリビュートモジュールであるWebformを利用し機能構築を行いました。

多言語対応

日本語・英語に対応しています。CMS による翻訳管理機能の諸設定、言語ごとのURL設計、ユーザーインターフェイス上の言語切替機能の実装、多言語化が影響するページでのシステム調整作業を行いました。
本対応はDrupal標準で組み込まれている多言語化の機能を利用し構築しました。
標準でほぼすべての箇所の翻訳が可能ですので、機能開発をすることなく翻訳作業に集中してリソースを割くことが可能です。

デザイン

社名に込められた想いをカタチに

原石が宝石に生まれ変わりキラリと光出す様子をイメージしたキービジュアルイメージ

株式会社GEMSEKI様の社名には、素敵な由来があります。

GEMSEKI様の事業の目的は「磨けば光る創薬シーズ(=“原石”)を発掘し、有益な新薬(=“宝石”)になるのを助ける」こと。そこから、“原石”と、宝石は英語で”gem”であることから、「GEMSEKI」と名付けられたそうです。

Webサイトのデザインについてのヒアリングをさせていただいた際に、ご担当者様より、その社名に込められた想いをビジュアル面でも表現してほしいとご要望をいただき、今回のデザインをご提案させていただきました。トップページのメインビジュアル部分 中央に配置したイラストは、今回のプロジェクトのために描き起こしたオリジナルイラストです。情報同士がつながっていくネットワークのイメージと、原石が宝石に生まれ変わりキラリと光出すイメージを表現しました。

ポジショニングマップで認識を共有

株式会社GEMSEKI様 ポジショニングマップ

今回のプロジェクトでは、まず最初に競合やご要望のイメージに近いWebサイトを調査し、ポジショニングマップを作成させていただいた上でデザインイメージについてのヒアリングを行わせていただきました。新しいWebサイトが目指すべき方向性をポジショニングマップというツールを使って可視化し、方向性のすり合わせを行うことで、大きな認識のズレが起きることもなく、スムーズにビジュアル表現へと落とし込むことができました。