Machiko Yamanaka

Drupal Enginieer
Profile picture for user Machiko Yamanaka

滋賀県生まれ。開発経験言語はPHP, HTML, CSS, JavaScript。Webには小学生の頃から慣れ親しんでおり、自然とWeb系の職種を目指すようになり、高校時代よりプログラミングを学び始める。専門学校ではWebに特化した学科を専攻しPHPの知識を習得。卒業後「滋賀でWeb系エンジニアとして働きたい!」という夢を叶えるために就職活動を開始し、Webサイトのデザインに惹かれたスタジオ・ウミに応募。2013年4月にWebプログラマーとして入社し現在に至る。主な担当業務はHTML/CSSコーディング、テーマ開発、社内のテクニカルサポートの他、社内向け勉強会(通称 山中会)なども主催。登壇したDrupalの勉強会でDrupalに興味はあるが学び方がわからず困っている方が多いことを実感し、ブログや勉強会での情報提供や翻訳活動などを通じてDrupalの普及に貢献したいという想いを持っている。特にブログでは「わかりやすい文章を書く」という特技を活かし、Drupal初心者の頃の自分が当時欲しかった情報をわかりやすく書くことをモットーに執筆している。Druplicon(Drupalのマスコットキャラクター)への愛情も誰にも負けない。

自身のことを「ぐうたら」と言う割に、プライベートでは休みの度にあちこち出掛ける行動派。クラリネットを吹くこと、仲間と楽器の演奏をすること、ライブに行ってテンション高めでペンライトを振ること、ウィンドウショッピング、アニメ鑑賞、ソシャゲが週末の楽しみ。また、アニメは毎期最低4本は見ている無類のアニメ好きでもある。「今がよければそれでいい、人生楽しまなきゃ損!」を美学とする生き様は「今の一瞬一瞬を大事に生きる」というお釈迦様の教えにある刹那主義に通ずるものがある。エンジニア系コミュニティでは「matcha」や「抹茶」や「🍵」などの名前で活動中。